Arcaeaという神音ゲーの紹介

タイトルの通りArcaeaの紹介です。

 

Q:Arcaeaって?

A:イギリスのゲーム製作サークル『lowiro』による音ゲー*1

 

 ゲームコンテンツに関してはストーリーと音ゲーに分けられ、ここでは音ゲー面、デザイン面について触れます。

 

1.ハイセンスなビジュアル

  センスなんてもんは主観でしかないんですが、無彩色多めな見た目がめっちゃすき。

f:id:oyatsun:20190624092621p:image

 こちらはキービジュアル

f:id:oyatsun:20190624092430p:image

 そしてホーム

 

 この世界観に大きく寄与しているのはキービジュとキャラデザ担当のcierraさん*2ですね。めっちゃすこだ

 

2.斬新なゲーム性

 数ある音ゲーの大多数は判定ラインが線であり、2次元的です。例えば、Arcaeaと同じアプリゲーのDeemoなんかがそうです。

f:id:oyatsun:20190705125054p:image

 

 タップする対象のノートは見た目平面上を手前ラインに向かって流れていきます。そしてライン上にノートが重なったタイミングでタップすることでスコアを稼ぎます。多少違いはあれど、大体の音ゲーは平面とラインで成り立っているという点で一致しています。

 

 一方Arcaeaは判定が線ではなく面です。

f:id:oyatsun:20190713223127p:image

 下ラインとSky Inputのラインを辺にとる直立した面が判定です。奥行きがあってなおかつ判定が面なので珍しい、というかArcaeaしか知りませんこんなの。圧倒的認識難、しかし慣れると楽しいのは、後述する譜面構成のおかげですね。

 

3.譜面が神

 ゲーム性に含まれる要素ですが分けました。このゲームの譜面って結構特徴的なんですよね。

 

f:id:oyatsun:20190713141257p:image

 またまたDeemoですが、捌けるかは別にして、流れてくる譜面に対して左右振りは少ないです。直感で楽しく遊べます(捌けるかは別(2回目))。

 

 一方Arcaeaは出張が激しいです。

f:id:oyatsun:20190713225656j:image

f:id:oyatsun:20190713225711j:image

 赤を右手、青を左手でとる想定です。右手が左側に、左手が右側に向かうので、結構忙しい。画像中の赤い色のロングは受け渡し不可です。

 この手を大胆に動かすことのできる配置がこのゲームの最大の楽しみです。逆手でリズムをとるのはこのゲームにおいてはスタンダードであり、慣れてしまえば癖になります。

 そして、譜面の音の取り方が良いので、大きく手を動かして譜面捌いてると本当に音楽にのれて気持ちがいい(小並感)

 

4.曲も神

 本当に良いですよこのゲームの曲。ボス曲のGrievous LadyとかFracture Ray聴いてこのゲームを初める人割といるんじゃないんですかね、まあ自分がそうだったわけですが。そしてボス曲解禁のためにいくつか関門があるわけですが、解禁のために色んな曲触ってればこの曲いいなってのが勝手に見つかります。まあ作曲者が強いのでね。

 このゲーム内オリジナルの曲はもちろん強いですが、結構コラボの曲も入ってます。最近はあのCHUNITHMともコラボしました。

 

 

 

まあ色々書きましたが、普通に神ゲーなのでプレイ人口がもっと増えて欲しいですね。Youtubeで検索窓にArcaeaって放り込めば、プロのプレイ動画とか実況してる方の動画がヒットすると思うので、まずはそれ見るのもおすすめですよ。