コミケ行ってきた (C96)

 極貧学生で金がないので渋ってました。けれど、ここ数年参加し続けたコミケに行かなかったら、自分に何も残らない気がして怖くなって、結局行きました。好きなサークルのものは最低でも買いに行かなきゃと。

 

 同人音楽の4日目に行けたらと思ってたけれど、一人で行くの辛いなぁと感じたので、数少ない友人のN君に一緒に来てもらうことにしました。しかし3日目に行けないN君のために僕が一人で3日目に行くことになりました() これもうわっかんねえなぁ

 

三日目

 委託されていたのが島とか配置の所だったので、遅めでも間に合うと踏んで、国際展示場11時着辺りで到着。今回初めて入場料としてリストバンドを購入しないといけなかったので当日列に並んで購入。カタログに全日分リストバンドが付いていたみたいだけれど、極貧なので買ってませんでした。

f:id:oyatsun:20190823130328j:image

 これ、人混みですぐぐしゃぐしゃになりそう。

 

f:id:oyatsun:20190823131108p:image

 遅い時間帯もあって、普通に正面から歩いて入れました。

 

 せっかく来たから自分の分もまわってる時買ってしまった、絶対に借金しないとこの夏やってけない。

f:id:oyatsun:20190823132012j:image

 壁はイチリ先生*1のとこだけ行きました。なので手提げがこれなんですが、電車に持ち込むことでの周りの人に見られていないかという冷や汗と、単純に僕の理性との戦いみたいな変な緊張感で、すっげー疲れました。やっぱサイコーですわ。

 

四日目

 地元9時集合で現地に向かいました。現地10時くらい到着、ちょうど先頭から入場してる時間帯でした。このくらいに着くと、だいたい1時間くらいで入れます。湿度は半端なかったものの、日が照っていなかったのでまだ良かった。それどころか小雨でしたが、正午には快晴でした。コミケのパワーを感じる。

 

 実はリストバンドが売り切れだったみたいで、リストバンド無しで並んでおいて大丈夫と言われました。いつ買うタイミングがくるのかと思っていたけれど、結局無しで大丈夫。リストバンド自体初の試みだったから、この件では色々言われてるみたいですが、色々な問題が浮き彫りになったのは確かだと思います。まあ僕は、ぶっちゃけ「500円浮いてラッキー」くらいにしか感じてませんでしたが。

 

f:id:oyatsun:20190824001205j:image

 帰り際正午前はこんな感じで、いつも通り人がすげえ。

 

 買うものを買って、すぐ地元に戻りました。あとはコミケと関係ないけど、ステーキのどんで肉食ってそこでソシャゲのガチャ回しまくったりやってました。そこでコミケのこととかもN君とだべっていたわけですが、そういった相手がいるのは素晴らしいなぁと。たのちかった。

 

まとめ

f:id:oyatsun:20190824013717j:image

 これだとあまり分からないけど、案の定汗とか人混みにもまれてくしゃくしゃ。

 

f:id:oyatsun:20190824002613j:image

f:id:oyatsun:20190824002726j:image

 楽しい、素晴らしい、以上!!

 

 

(Arcaea) 七月のリザ

 今月のリザルトハイライト的な

 

f:id:oyatsun:20190729111503p:image

 七月上旬、10で初めてexを取れたんだけど、これは偶然アークが抜けなかったためである。普段フラクチャやると高確率でポテンシャルが下がる。

 

f:id:oyatsun:20190729112056p:image

 つい最近追加の新パックのこれ。僕の指は普通に遅いので、後半の高速地帯は半ば痙攣押しでハマるのを祈りながらやってた。これのおかげで指が少しだけ速くなった希ガス

 

f:id:oyatsun:20190729112611p:image

 七月も終わりを迎える間際の数日前、何も考えずにアプリを開いてこれを選曲したら出てしまった。この曲よろしく、調子も加速してPMしたけど、まぐれ過ぎてもう出ない。ちなみに、この曲の自分のスコアランキングを下にスクロールすると、スコアが9995~の人が出てくるので、精度はアレ。

 

f:id:oyatsun:20190729114103p:image

 つい昨日、このポテ盛り曲でついにPMが...!自分にとって初めての9+PMなんでかなり嬉しい。9+はどの曲つめてもPMいかずに諦めモードだったからね。この日はほかにも9で2曲新規PM出たので本当に調子が良かった。

 

 

 取り敢えず目指すはPM100曲で、残り6曲。Arcaeaは自分の数少ない生き甲斐じゃけぇ...

 

Memory Achieve のあれ (Arcaea)

 しれっと追加されていて最初気付かなかった(最新情報をチェックする癖はない)

 

 

f:id:oyatsun:20190724123710p:image

 

 得意な譜面をしていて数回でPMできてしまった(まぐれ)。低速の逆手からサビの盛り上がりにかけてがやばい。というかこのbpmの幅がひっろいのは初見警戒度が上がる、96~384て。爆速とFallensquareのコンボかと思ったが、程よい感じだった。9の節度を守っている。

 

 

(Arcaea) メインストーリーパック Adverse Prelude をプレイした

 気づいたらArcaeaのアプデでストーリーパック(3.5らしい)が追加されていた。アノマリーがどうやら無い、、?8,9,9,9+の四曲、そしてなんとLaur氏に加えてLeaF氏の文字が見える。やっぱ最高ですねこのゲーム、好き。

 

 f:id:oyatsun:20190721220721p:image

 

 とりあえず全部プレイ、相変わらず楽しい。

 

 Particle Arts 強めの8かな?、アークロングをまたいでノート叩くところ気持ち良すぎる、のれる。 

 

 Vindication やばい、500コンボ前後のヴィンヴィン鳴ってるのめっちゃ好き(小並) 。あと最後の微ズレのとこ、最初から数回は16分だと思って押してた。同時押しの線が入ってないから16やろって思ってて、そのままPM出してしまったんだけど、プロの動画みてやっと気づいた。まあ16分でやるとかなりの確率でfarが出るからおかしいと思ってたんだよ(・Д・)

 

 Heavensdoor なんかすっげぇ個性的で流石やった、asmrみを感じた。ラストスパートのトリルが速すぎる、240の16分?地力ないからかなり苦戦した。

 

Ringed Genesis カッコよすぎるな、9+に相応しい感。検索エンジンにEdelritterとぶち込むとタノシーストアが出てきたのでなるほどと思た。単押し3つ縦連から同時押し3つ縦連、からの激しいアークと片手処理。曲の盛り上がりがヤバいし、譜面の難易度もぶち上がるから最高。

 

 

 なんか今回、めっちゃ地力を要求された。Ringed Genesis に関しては普通に4本で処理してる。2本じゃ間に合わんあんなの。まあ普通に指増やして処理するのが好きなので大丈夫だけど大丈夫では無い、画像の通り、PMなんて到底出せない実力である。

 

  これからもArcaeaに期待

 

Arcaeaという神音ゲーの紹介

タイトルの通りArcaeaの紹介です。

 

Q:Arcaeaって?

A:イギリスのゲーム製作サークル『lowiro』による音ゲー*1

 

 ゲームコンテンツに関してはストーリーと音ゲーに分けられ、ここでは音ゲー面、デザイン面について触れます。

 

1.ハイセンスなビジュアル

  センスなんてもんは主観でしかないんですが、無彩色多めな見た目がめっちゃすき。

f:id:oyatsun:20190624092621p:image

 こちらはキービジュアル

f:id:oyatsun:20190624092430p:image

 そしてホーム

 

 この世界観に大きく寄与しているのはキービジュとキャラデザ担当のcierraさん*2ですね。めっちゃすこだ

 

2.斬新なゲーム性

 数ある音ゲーの大多数は判定ラインが線であり、2次元的です。例えば、Arcaeaと同じアプリゲーのDeemoなんかがそうです。

f:id:oyatsun:20190705125054p:image

 

 タップする対象のノートは見た目平面上を手前ラインに向かって流れていきます。そしてライン上にノートが重なったタイミングでタップすることでスコアを稼ぎます。多少違いはあれど、大体の音ゲーは平面とラインで成り立っているという点で一致しています。

 

 一方Arcaeaは判定が線ではなく面です。

f:id:oyatsun:20190713223127p:image

 下ラインとSky Inputのラインを辺にとる直立した面が判定です。奥行きがあってなおかつ判定が面なので珍しい、というかArcaeaしか知りませんこんなの。圧倒的認識難、しかし慣れると楽しいのは、後述する譜面構成のおかげですね。

 

3.譜面が神

 ゲーム性に含まれる要素ですが分けました。このゲームの譜面って結構特徴的なんですよね。

 

f:id:oyatsun:20190713141257p:image

 またまたDeemoですが、捌けるかは別にして、流れてくる譜面に対して左右振りは少ないです。直感で楽しく遊べます(捌けるかは別(2回目))。

 

 一方Arcaeaは出張が激しいです。

f:id:oyatsun:20190713225656j:image

f:id:oyatsun:20190713225711j:image

 赤を右手、青を左手でとる想定です。右手が左側に、左手が右側に向かうので、結構忙しい。画像中の赤い色のロングは受け渡し不可です。

 この手を大胆に動かすことのできる配置がこのゲームの最大の楽しみです。逆手でリズムをとるのはこのゲームにおいてはスタンダードであり、慣れてしまえば癖になります。

 そして、譜面の音の取り方が良いので、大きく手を動かして譜面捌いてると本当に音楽にのれて気持ちがいい(小並感)

 

4.曲も神

 本当に良いですよこのゲームの曲。ボス曲のGrievous LadyとかFracture Ray聴いてこのゲームを初める人割といるんじゃないんですかね、まあ自分がそうだったわけですが。そしてボス曲解禁のためにいくつか関門があるわけですが、解禁のために色んな曲触ってればこの曲いいなってのが勝手に見つかります。まあ作曲者が強いのでね。

 このゲーム内オリジナルの曲はもちろん強いですが、結構コラボの曲も入ってます。最近はあのCHUNITHMともコラボしました。

 

 

 

まあ色々書きましたが、普通に神ゲーなのでプレイ人口がもっと増えて欲しいですね。Youtubeで検索窓にArcaeaって放り込めば、プロのプレイ動画とか実況してる方の動画がヒットすると思うので、まずはそれ見るのもおすすめですよ。